雑多な色んなことを書きたくなったら書く、つーことで


by el-santana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地元の特産品 ~その3~ ACT.2

ラーメン食べた後、次の店に行くかってことで
進路を南に向けて進んでいったのですが
途中で「○○町指定史跡 ×城跡」という看板を
ちらほらと見つけて
こんなところにこんなものがあるなんて聞いた事無いよなぁ
まだ、時間もあるし、腹ごなしの運動も兼ねて見に行くか
ってことで針路変更~

車で山の中を進んで行き、途中でアスファルトの舗装から
コンクリの舗装が伸びてるところに目的地の看板があったので
そこに車を止めて後は徒歩で行くことに
山の中っていっても辺りは畑や果樹園らしきものがあって
暗い感じも無く、コンクリの道を見ると上水道のマンホールがある
道は山の中に進むものの、ここから頂上までそんなに高低さを
感じなかったので、目的地はすぐ近くにあるものと思い
いざ探検開始~

山といっても山林というよりは竹林の中の道を進んで行き
進んで行き
進んで行き
進んで行き・・・
って30分くらい歩いてようやく城跡に到着
しかも、付いたのは城跡の端で
城跡っていっても土台や城壁があるわけでなく
設置してある説明書きの看板を見てなんとなくそう思えるだけ・・・
30↑の男二人がこの陽気な日差しの中を
わざわざ歩いてくるところではないな
まだ先はあったもののここまでに体力を使い果たしていたので
ここでもう引き返すことに

車まで戻って元の目的地へ
さっきの山道を歩いた疲れで車中ではお互いに無口・・・

その疲れが取れてきた頃に目的地のうどん屋に到着~
ここは有名店にしては遅くまで開いているので
うどん屋巡りしていると、たいていコースの最後になるということもあり
着いた時は平日だというのに店から少し離れた
駐車場には7分くらい車が駐まってる
県外ナンバーもちらほら見えるし

道路から店まで10Mくらい離れてて
その半分くらい、10人くらいかな、並んで居るけど
閉店時間までまだ30分以上あったので
並んどけば大丈夫だろうと思ってその列に加わったのだけど
忘れてたよ
店の前には待ち客用のベンチがあって
そこには大体20人くらい座れて、それに座れない人が
列を作っているの、ということをw

やめよかどうしようかと友人と話したけど
せかっく来た事だし、他に予定もないしので、結局待つことに

しかし、閉店時間の3時になってもまだ並ぶ列の中w

閉店時間になって閉店の看板出して
出入り口のシャッターを下ろすものの
閉店時間までに並んだ客は裏口から入れてもらえたので
どうにか食べることが出来ました
c0013461_1116568.jpg


うどん打ってるのがおっちゃん一人で
作業的に一杯一杯なのでちょっと雑になってましたが
十分美味しかったです

しかし、ここのうどん屋は後継者がいないので
おっちゃんが体力的にダメになったら
(事実、この店はお客を捌ききれないので
日曜祝日は休むようになった)
もう食べること出来ないのよね
そう思えば、待ってでも食べた甲斐がありました
[PR]
by el-santana | 2006-04-05 11:26 | 日々是空転